探偵 興信所 不貞行為 証拠 写真

確実な不貞行為の証拠とは

確実な不貞行為の証拠とは

結婚していて、パートナーが不倫をしていた場合、離婚や慰謝料を請求するには、法廷で認められる確実な不貞行為の証拠が必要となります。
その証拠によっては、離婚が認められたり、認められなかったり、慰謝料の請求できる金額を少しでも
上げることができたりするので、確実な証拠を押さえておくことで条件を有利にすることができます。

 

その確実な不貞行為の証拠とは、やはり不貞な行為をしているという状況の写真や動画です。
たとえば、ラブホテルや浮気相手の家への出入りしている場面でさらに、
浮気している本人と浮気相手がはっきり写っているものです。
1回分だけでは証拠としては物足りないですので、複数回その現場を押さえておくと、
確実な証拠となり裁判を優位にすることができます。
動画や画像が不鮮明で、はっきりと不倫している本人であることが分かりづらい場合は、それは証拠として認められないことがあります。

 

また、ケータイの通話履歴やメールの送受信のデータも押さえておくと、さらに確実な証拠として認められるケースがありますが、通話履歴やメールの送受信だけでは、証拠として不十分となります


ホーム RSS購読 サイトマップ