探偵 興信所 不貞行為 証拠 写真

不貞行為の証拠があれば、浮気をした側からの離婚請求はできない?

不貞行為の証拠があれば、浮気をした側からの離婚請求はできない?

不貞行為の証拠があれば、離婚できる理由になります。
当然ですが、不貞行為をされた側からの離婚請求は認められやすくなります。
そして、不貞行為した側は何も言う権利はありません。

 

浮気による離婚は多くを占めています。
浮気相手と結婚したくなったからといって浮気した側から離婚したいと言われるケースもあります。
こんな身勝手な話は許される事ではありません。
本来なら離婚するかしないかは浮気された側の気持ち一つなのですが、
夫婦で話し合ったうえ、合意があれば協議離婚が成立します。

 

また、
「相当の長期間の別居」
「当事者の間に未成熟子がいないこと」
「相手方配偶者が離婚により精神的、社会的、経済的に極めて過酷な状況におかれるなど
離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえないような特段の事情が認められないこと」
という3つの条件を満たしている場合であれば、浮気をした側が離婚請求することもできるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ